顔を小さくできる方法

カウンセリング

エラの悩みを気軽に解決

小顔を目指している方にはボトックスの小顔施術が最適で、エラが発達して悩んでいる方から人気です。エラの筋肉が発達すると左右に張り出した形状となり、いわゆる四角顔になってしまいます。世界的に見ても小さい顔は美の象徴と認識されているため、顔が大きくて悩んでいる方はボトックス施術を検討してください。むくみ・脂肪太りには効果はありませんが、筋肉太りには即効性を発揮します。過度に発達した筋肉を緩めることにより、スリムなフェイスラインを実現できます。筋肉による顔太りの場合はエラ骨を切除するよりもボトックス注射のほうが効果的です。即効性のある施術なので2〜3日で変化を実感できるでしょう。エラの筋肉を緩和することで小顔になれますが、効果の持続は数ヶ月程度となります。元に戻ってきたと感じたら再施術が必要となり、そのサイクルは早ければ3ヶ月程度です。効果を長持ちさせるには数回の施術を受ける必要があり、回数に応じて持続期間は延びてきます。日本人はエラがそれほど大きくはありませんが、咬筋の発達による後天的要素により顔が大きくなることは少なくありません。年齢を重ねることでエラが大きくなった場合はボトックス注射で対処できます。エラ骨が左右に広がっている場合はエラを切除する方法が選ばれます。高度な技術を要するボトックス小顔施術は、症例件数が多い美容整形で施術を受けてください。高品質のボトックス薬剤を使用していること、保管法・衛生管理を徹底していることなどが重要です。ボトックス認定医のいるクリニックは料金が高くなりますが、非常に高い小顔効果・持続力を期待できるでしょう。わずかな注射部位のズレ・注入量の誤りなどによって、本来の効果を発揮できなかったり副作用が大きくなったりします。医師の腕前がそのまま小顔効果に反映されますから、施術実績が豊富にある医師に依頼してください。ボトックスで顔の筋肉を緩和させると、フェイスラインだけでなくボディとのバランスもよくなります。顔が大きいと太って見られてしまうことが多いですし、スタイルがアンバランスに見えてしまいます。モデルに欧米人が起用されることが多いのは、小顔でボディとのバランスがベストであるためです。エラの部分が固くなっている方は筋肉が進化していますので、ボトックス注射をおすすめします。施術後には痛みや腫れなどが生じることがありますが、放置しておいても改善するので心配はいりません。効果を安定させるためには施術後の肌に負担を与えないことが大切なので、無理な運動や刺激を与える行為は避けましょう。