エラ張りを解消する方法

注射

専門医のいるクリニックで

さまざまなメリットを期待できるボトックス注射は小顔施術の方法としても人気です。A型ボツリヌス箘毒素製剤と呼ばれるボトックスは、本来は筋肉の過剰な作用を抑制することが目的ですが、美容整形にも応用ができるのです。エラの筋肉を適度に緩和することで小顔になれるため、メスによる手術は避けたいという方から人気があります。注入してから数日で実感でき、6ヶ月くらい持続してくれるでしょう。薬剤は体内で少しずつ分解されるので、体内に残ったままになることはありません。ダウンタイムがほとんどないので、日常生活に支障が出ないのもメリットです。小顔になるだけでなくフェイスラインを引き締めてくれるので、顔の左右のバランスを整えたい方にもおすすめです。エラの張りを根本的に解決するにはエラ骨を切除する方法が確実ですが、抵抗を覚える方は少なくありません。ボトックス治療だけでもエラ張りをかなり抑えられますので、表情ジワに悩んでいる方も活用してみてください。小顔になることでボディラインのバランスもよくなり、スリムな体型に見せることができます。日本人は欧米人と比較してボディに対して顔が大きい傾向がありますので、ベストに調整するためにもボトックスをおすすめします。小顔になる美容注射は誰が行っても同じと考えるかもしれませんが、少しの注入量・場所の違いによって効果は大きく変わってきます。綺麗に仕上げるためには解剖学を熟知した医師に依頼する必要があるため、ボトックスの専門医が在籍しているか確認しておきましょう。顔には筋肉のほかにも血管・神経などが存在しますので、それらの場所・深さを把握した上で施術する必要があるわけです。施術後は痛み・腫れ・発疹などの副作用が発生することがありますが、放置しておいても治るので問題はありません。ただし違和感を覚える場合は医師に相談してアドバイスを受けるのが得策です。ボトックスの小顔注射の効果は6ヶ月程度となるため、定期的に受ける必要があります。保険外治療のため健康保険は使用できませんが、安すぎるクリニックを選ぶのは得策ではありません。高度な技術力を要求される施術になりますので、料金の高さは技術料と言えるものです。ボトックスは品質によっても価格が異なってくるため、どのようなタイプを使用しているか事前に確認する必要があります。施術後は肌を乱暴に扱わないようにする必要があり、過度の刺激を与えるマッサージやサウナ、ハードな運動などは避けたほうがよいでしょう。体温を向上させる行為は副作用を強くする可能性があるので飲酒も控えてください。